2017年11月15日

その弐コクサイガスセミ組み込みやり方UP




気付けばほぼ出来上がったしまった磁力式リターンのコクサイガスセミ組み込み




まぁ、、



その



磁力式って格好良く言ってるけどその辺のホームセンターで目にしたちょっと強い磁石で後半のシアー戻してるだけです



ただコレはスプリングの対数値とゆーかトリガーレスポンスの理にかなってるので後ほど手描きの絵でも描いて説明します

文面じゃ説明しにくいのですが頭の回転良い方なら理解出来ると思います(T_T)

バネの初動テンションとゆーか引きと戻りの時の推力と磁力の距離による吸着力の平行バランスってか、、、まぁーーー自分が一流大学出てるくらい学力あれば凄く簡単に文章で説明できるハズなのに、、若い頃ちゃんと学校行ってりゃ良かったと今更後悔。





出来上がる前は上の状態だったのでとりあえず一からやり直します

因みに




ガラケー時代の遥か昔の組み込み方法だとノズルのレールが必要なのか電動ガンのシリンダーが流用されてます




といっても自分も昔はこれに近い組み込み方法だったんですが、、、、





ただ猿マネは嫌だしクリアランス調整とか自分なりに考えて組み込んだのは




これ↓






懐かしい組み込みです

それから気持ち程度変わって







今に近い形になってます、これも意味あって敢えてこの方式だったんですがミリブロ運営に消されてしまった前のブログのコメント欄にシロさんって方から【シリンダーヘッド流用】というヒントを頂き今に落ち着いてる感じという



小難しいやり方でガスセミ組み込みのオナニー公開した所で今の組み込み方には辿り着けなかったと思います


発信して公開して失敗して試行錯誤してヒントやアイデアもらって今があるわけでまだまだ改善出来かもって思いもあるのでとりあえずガスセミ レシピ上げてきます






とりあえず出来上がったのはこれで前のやり方と何が違うの?ってなるのは







前のガスセミに元から付いてるノズル使うと力の無駄が多いのと使っているとガタガタになって最終的にはポッキリ折れたり破損したり



何よりチャンバー内で弾が止まる位置が不安定なのとノズルが真鍮なのでチャンバーを傷付けたり摩擦が大きくロスがあったりメンテも面倒だったり色々とデメリットが多すぎたんです






逆に今のやり方にするとノズルが簡単に交換出来るので16やM4のチャンバーを使い分けれたりトリガーとノズルを交換すればMP5やG3にもスワップできたり拡張性があるのですん


加工に必要な道具ってほぼ100均一で揃うもので良いのですが(実際に初めて組み込んだ時って100均のヤスリとカッターだけでした)できれば








文明に頼った方が早いです


明らかに早いです、便利です

バイオB.B弾買う気持ちでホームセンターで揃えた方がホント早いです
マルイのエアコキハンドガンよりも安いので後々あっても困らない道具ですしね







削るとこんな感じ







この状態になればほぼ8割完成です


てかホント便利とゆーかラクというか組み込むの面倒ですけど出来上がった後はメンテとかめっちゃラクだし部品の交換とかほぼ皆無に等しいんですコクサイガスセミ、、、


初速90台後半にカリカリにチューンした電動ガンなんかだと数千発でフルオーバーホール大前提ですがガスセミだとシリコンスプレー吹く程度です

この辺も追記で書いていきたい内容ですがとりあえず組み込み内容を優先にまたUPしてきますん








上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。