2018年11月14日

秒間45発Overなお手軽アイテム





たまには電動ガンでも弄ろうとちょっとイジってみました




ここ最近は








立て続けにガスセミMP5ばかり作っていたので久々に電動ガン弄りです




ただどーしてもガスセミの部品点数の少なさに慣れてしまってるせいかやはり電動ガンはめんどくせぇ、、、、



とりあえず内部のカスタムとかやってまでハイサイクル化するのが面倒だったのでメカボックス内はグリスアップ程度の耐久性重視でフルドノーマルです









バッテリー収納とか配線とか細かいところは後々変更してく予定ですがとりあえず完成のバラマキ専用電動ガン


軽く秒間45発以上撃てます



前から作ってみたかったんですよねお手軽な火力強めのバラマキ銃














そうですはい


電動ガン3つくっ付けただけです、お手軽です


そのうち前後左右に増えてくかもしれませんが今のところ3つ並べたくらいが片手で撃てて扱いもラクなので良しとします



とりあえず実戦投入の為に九州は福岡県内で唯一自由なサバゲーフィールド小倉バギランにでも持って行って使ってみます


気が向いたら後編アップします  


Posted by 和尚 at 23:37Comments(0)

2018年11月09日

ガスブローバックの季節到来




ガスブローバックの季節ですね



ってまぁ普通???なのか使い物にならないフロンガスのリキッドチャージだと微妙だったりしますがエアソフトガンの世界には外部ソースという便利な代物がありまして















気温で圧力が不安定になるフロンガスのリキッドチャージでマガジン内に液状ガスを注入するタイプではなくレギュレーターを通して安定した気化したガスを使ったアイテムがあります

一昔前というか石器時代あたりはエアタンクなんて背中にリュックサックなんかで背負うくらいの大きな物でしたが今の時代はCO2なんて手のひらサイズの小型で便利な物があります









サイズの感覚としてはMP5のストックに収まるくりいのは大きさ




フロンガスのリキッドチャージだとどんなに頑張っても連続100発も撃たない程度ですが外部ソースだとボンベサイズによりますが最低でも軽く400発以上はバカスカ撃てます

燃費の良い固定ハンドガンとかなら74gグリーンガスで1000発以上撃てたりしますよね




たまーにこの季節はガスガンが使えない、、、


とか


フィールドで外部ソース禁止だからガスブローバックが楽しめない、、、



なんてカワイソウなお話を聞いたりしますが基本的に外部ソースが使えないフィールドって残念なのしか居ないから楽しみの幅は狭まります


よく聞くのが

【外部ソースは圧力を上げたらいくらでもパワー変わるから】


なんてのが多いんですが、多分そーゆー事言ってる方って頭のネジが緩んでるか抜けてるので見かけたら逃げて下さい

電動ガンもエアガンもスプリングのレート変えれば簡単にパワーなんて変わります


トレポンなんて数秒でシリンダー、スプリング、ノズル一式交換出来ますもんし、、、、、無知って怖いです、逃げてください


ここ最近ガスブローバックが微妙な季節になりました的な会話があったのでふとそんな事書いてみました







とりあえず、、、久々にM &Pのドラムマガジン制作依頼が入ったのでボチボチ作ってこうかと


作りながら画像撮る暇あったらアップしてきます





そんな事より



コクサイガスセミ組み込みMP5






東京の友人にもメール送ったんですが最初からこーすりゃラクだったなと







ちょっとコスパは悪いんですが見た目はキレイに加工出来そうです




一応こんな加工しなくてもCO2レギュレータやボンベ収まる加工はあと何パターンかあるんですがCO2レギュレータの種類が限られたりアダプターとかその他のコスパ考えるとあまり変わらないんですよねー(*_*)こっちも並行して気が向いたら追記してきます



そして何故かここ最近、他の方が組み込んだガスセミのリメイク?みたいな依頼を数件程受けまして微妙な気分だったりします


基本的に他の方が組み込んだカスタム品はワケがわからないので断ってますがコクサイガスセミ組み込みならまぁある程度は直せるかなーと受けましたがトリガーくそ重かったりストローク長かったり弾道や初速不安定過ぎたりと
、、、、何とゆーか色々な意味でリメイクしながら初心に戻れて良かったです



基本的にガスガンはフロンガスだと使い物にならないとゆーのが定義なので(※これは表現難しいんですがある程度は使えるけど電動ガンと並ぶ安定さに並ばせるが難しいという感じ)ガスガンをメインで安定させて性能重視で使うなら外部ソースは必須条件になると思います



とはいえフロンガスリキッドチャージのメリットはやっぱり手軽やホースレス、軽量とかちゃんとメリットあるんですが、、、、



なんかまぁ上手く表現出来ないんでその辺またお互いのメリットとデメリットを暇な時に連続発射後の初速や気温変化による初速、フロンガスによるパッキンの劣化とか思い出したら書いてきます










そうそう、そしてたまには電動ガンも弄ろうと秒間50オーバーを目指してなんちゃってハイサイばら撒き銃も作ってます


ええはい、、、、電動ガン3つくっつけただけですけど


だだまぁこんなのがメンテもラクで何か色々便利かなととりあえず作ってます




何かしら進んだらまた書いてきます  


Posted by 和尚 at 03:05Comments(0)

2018年11月09日

ガスブローバックの季節到来




ガスブローバックの季節ですね



ってまぁ普通???なのか使い物にならないフロンガスのリキッドチャージだと微妙だったりしますがエアソフトガンの世界には外部ソースという便利な代物がありまして















気温で圧力が不安定になるフロンガスのリキッドチャージでマガジン内に液状ガスを注入するタイプではなくレギュレーターを通して安定した気化したガスを使ったアイテムがあります

一昔前というか石器時代あたりはエアタンクなんて背中にリュックサックなんかで背負うくらいの大きな物でしたが今の時代はCO2なんて手のひらサイズの小型で便利な物があるので









サイズの感覚としてはMP5のストックに収まるくらいのサイズ




フロンガスのリキッドチャージだとどんなに頑張っても連続100発も撃てない程度ですが外部ソースだとボンベサイズによりますが最低でも軽く400発以上はバカスカ撃てます

燃費の良い固定ハンドガンとかなら74gグリーンガスで1000発以上撃てたりとまぁ便利




たまーにこの季節はガスガンが使えない、、、


とか


フィールドで外部ソース禁止だからガスブローバックが楽しめない、、、



なんてカワイソウなお話を聞いたりしますが基本的に外部ソースが使えないフィールドって残念なのしか居ないからどーしても楽しみの幅は狭まります


どーせ遊ぶなら広く深く楽しみたいモノですね、、、自分から世界を狭めるなんて愚の骨頂だと海原雄山先生はおっしゃいます(多分)










よく聞くのが

【外部ソースは圧力を上げたらいくらでもパワー変わるから】


なんてのが多いんですが、多分そーゆー事言ってる方って頭のネジが緩んでるか抜けてるので見かけたら逃げて下さい

電動ガンもエアガンもスプリングのレート変えれば簡単にパワーなんて変わります、、、ええ、はい、フロンガスリキッドチャージのガスガンなんてこの時期よくあるマガジンウォーマーでアッツアツに温めた初っ端の初速なんてどーかしてると思います


トレポンだと数秒でシリンダー、スプリング、ノズル一式交換出来ますし、、、、、電動ガンも機種によってはスプリングガイドのネジ回せばスプリングテンション上げられますし、、、知ってか知らないでか怖いです、逃げてください


まぁちょっとここ最近ガスブローバックが微妙な季節になりました的な会話があったのでふとそんな事書いてみました







とりあえず、、、久々にM &Pのドラムマガジン制作依頼が入ったのでボチボチ作ってこうかと

依頼受けたはいいけどm&p持ってないから作動チェック出来ないじゃん!と銃ごと予備も兼ねて購入したのはここだけの秘密です

ドラムマガジン出来上がったら必要無いのでだれか譲ります、、、ドラムマガジン付きで。

とりあえず作りながら画像撮る暇あったらアップしてきます





そんな事より



コクサイガスセミ組み込みMP5






東京の友人にもメール送ったんですが最初からこーすりゃラクだったなと







ちょっとコスパは悪いんですが見た目はキレイに加工出来そうです




一応こんな加工しなくてもCO2レギュレータやボンベ収まる加工はあと何パターンかあるんですがCO2レギュレータの種類が限られたりアダプターとかその他のコスパ考えるとあまり変わらないんですよねー(*_*)こっちも並行して気が向いたら追記してきます



そして何故かここ最近、他の方が組み込んだガスセミが使い物にならないからどーにかしてくれとリメイク?みたいな依頼を数件程受けまして微妙な気分だったりします


基本的に他の方が組み込んだカスタム品は加工手順とかワケがわからないので断ってますがコクサイガスセミ組み込みならまぁある程度は直せるかなーと受けましたがトリガーくそ重かったりストローク長かったり弾道や初速不安定過ぎたりと
、、、、何とゆーか色々な意味でリメイクしながら初心に戻れて良かったです



基本的にガスガンはフロンガスだと使い物にならないとゆーのが定義なので(※これは表現難しいんですがある程度は使えるけど電動ガンと並ぶ安定さに並ばせるが難しいという感じ)ガスガンをメインで安定させて性能重視で使うなら外部ソースは必須条件になると思います



とはいえフロンガスリキッドチャージのメリットはやっぱり手軽やホースレス、軽量とかちゃんとメリットあるんですが、、、、



なんかまぁ上手く表現出来ないんでその辺またお互いのメリットとデメリットを暇な時に連続発射後の初速や気温変化による初速、フロンガスによるパッキンの劣化とか思い出したら書いてきます










そうそう、そしてたまには電動ガンも弄ろうと秒間50オーバーを目指してなんちゃってハイサイばら撒き銃も作ってます


ええはい、、、、電動ガン3つくっつけただけですけど


だだまぁこんなのがメンテもラクで何か色々便利かなととりあえず作ってます




何かしら進んだらまた書いてきます  


Posted by 和尚 at 03:05Comments(0)

2018年10月31日

コクサイガスセミMP5




引き寄せの法則か立て続けに全てお嫁に行ってしまったガスセミMP5たち
























外部ソースあるあるのホースが尻尾の様に出ている昭和みたいな仕様は進化が無いというかあまり好きではないのとゲーム中はやっぱりホース無い方が圧倒的に動きやすいので基本的にはストック内にCO2ボンベを入れています



電動ガンが出始めた30年程前の売り出し文句は【ホースが無い!】【ホースレス!】みたいな謳い文句もありましたね






とりあえず

MP5のストックにボンベ入んないよっ!!!なんて聞かれるので一応作り方アップ


基本的には誰でも簡単に出来るカスタムが基本のジェノクオリティー


誰でも簡単に真似して出来ますが誰もがクッソ面倒くさいと思う作業やカスタムです



そう、難しい事など一切無くただただ面倒くさいだけ






まずはストック側面をくり抜き上から板を貼ります


※因みにこの方法の発案者は東京のサバゲー友人がG3にやっていてそれを真似したモノです、ジェノ発案ではございません 山の山羊さんありがとう


で、貼り付けてボルト止めなりなんなりして






それからひたすら削ります

ひたすら削って磨いての繰り返し






それから塗装して磨いて塗装しては磨いて









もぉこれくらいでいいやと妥協できたら








完成です



今は小銭を出せば何処でもいつでも誰でもその辺のショップやネットでカスタムパーツなんて手に入りますが古き良き昔ながらの自分でカスタムするってもの乙で楽しいくもあります



買ってポン付けで済む様なカスタムの方が便利でラクですが面倒くさいけど味があるカスタムも愛着出てきて悪く無いもんです



16のガスセミ組み込みが残っているのでそっちもカスタムしてきます
  


Posted by 和尚 at 11:38Comments(0)

2018年10月31日

コクサイガスセミMP5




引き寄せの法則か立て続けに全てお嫁に行ってしまったガスセミMP5たち
























外部ソースあるあるのホースが尻尾の様に出ている昭和みたいな仕様は進化が無いというかあまり好きではないのとゲーム中はやっぱりホース無い方が圧倒的に動きやすいので基本的にはストック内にCO2ボンベを入れています



電動ガンが出始めた30年程前の売り出し文句は【ホースが無い!】【ホースレス!】みたいな謳い文句もありましたね






とりあえず

MP5のストックにボンベ入んないよっ!!!なんて聞かれるので一応作り方アップ


基本的には誰でも簡単に出来るカスタムが基本のジェノクオリティー


誰でも簡単に真似して出来ますが誰もがクッソ面倒くさいと思う作業やカスタムです



そう、難しい事など一切無くただただ面倒くさいだけ






まずはストック側面をくり抜き上から板を貼ります


※因みにこの方法の発案者は東京のサバゲー友人がG3にやっていてそれを真似したモノです、ジェノ発案ではございません 山の山羊さんありがとう


で、貼り付けてボルト止めなりなんなりして






それからひたすら削ります

ひたすら削って磨いての繰り返し






それから塗装して磨いて塗装しては磨いて









もぉこれくらいでいいやと妥協できたら








完成です



今は小銭を出せば何処でもいつでも誰でもその辺のショップやネットでカスタムパーツなんて手に入りますが古き良き昔ながらの自分でカスタムするってもの乙で楽しいくもあります



買ってポン付けで済む様なカスタムの方が便利でラクですが面倒くさいけど味があるカスタムも愛着出てきて悪く無いもんです



16のガスセミ組み込みが残っているのでそっちもカスタムしてきます
  


Posted by 和尚 at 11:33Comments(0)

2018年10月25日

古き良きものガスセミ祭りバギラン スナイパー最恐




先日のサバゲは福岡サバゲーフィールド北九州バギランさんにお邪魔してきました






最近組み上がったガスセミMP5のSD5外部ソース仕様とストックインCO2仕様

それと愛用のガスセミMP5RASに







トリガー交換してから放置気味だったキャロット89式ガスセミ



それとフルメタルM4のガスセミ



なかなか静音のコクサガスセミ5丁も持ってフィールド行くゲーマーは少ない方だと思います



たまには敵に似たようなヤツが居た方がオモシロイ



そんな軽い気持ちで試射やテストも兼ねてですが友人らに貸し出して使ってもらいましたコクサイガスセミ組み込み達








結果論としては敵にかなり質の良い塩送ってしまったな、、、、


コスプレ界隈ではリア充イケメソ地位に君臨する某ガスタンさんがガスセミ89式で普段狩られる立場からここぞとばかり狩りまくってた姿に嫉妬


そんな感じですが


ほとんどのゲームで自分が貸したガスセミでキルされてしまうという良い意味で残念な結果に、、、、


普段自分が使ってるから気づかなかったけどホント発射音が聞き取りにくくて撃たれても位置の特定や距離感が掴みにくいチートアイテムでした




最近オーダーメイドや依頼も落ち着いたので静音ではなく(サイレンサー付けりゃ静かになるけど)古き良き仕様として






やはりプラトーンやハンバーガーヒル世代にはM4より16だろっ!


て事でバレルも長く色々とメリットの関係から久々にフルサイズ組み込み楽しんでます





とりあえず16はいたってシンプルにスプリング仕様で味のあるトリガープルです


ストック加工も追記か気が向いたら後半upします  


Posted by 和尚 at 16:00Comments(0)

2018年10月19日

MP5が好き やっと完成ガスセミSD5




久々ちよっと時間があったので作ってみましたガスセミSD5






今回は時間の余裕もあったので少し豪華にWネオジム磁石と







ごく一部の方でしか知らないであろう一体型のアングスバルブピン


激レアパーツなのと何より便利なのはその辺のホームセンターに売ってる汎用サイズのカプラーとかが使える事、、、、何故かコクサイ規格というかバルブピンのネジ径って特殊なのでその辺助かる










シルエットとしてはRASよりSD5の方が好みなんですが

SDってサイレンサーがクソなので







まともなサイレンサー取り付けられる様にこの逆ネジ加工は必須ですね




まぁそもそも元は電動ガンだしモーター音やギア音がウィンウィンしている時点でサイレンサーとか意味が無いけど、、








とりあえずやっと面倒くさいストック加工も終わったので実射を楽しんでみます  


Posted by 和尚 at 02:17Comments(14)

2018年10月06日

関東遠征コクサイガスセミ




アホみたいな時代遅れのコクサイガスセミM4とMP5





ガワはここ最近のマルイだったりアローのフルメタルの電動ガンの物ですが








そう、、、、メカボの中身は30年以上前の昭和レベルのコクサイガスセミ



て、、まぁ、昭和レベルといってもちゃんと現代風にアレンジしててCO2レギュレータやボンベはストック内に内蔵して外部ソースやCO2あるある


圧力上げたらパワー変わっちゃんでしょ????



なんてヘタレな指摘にドヤ顔でおお応えできる様に二重、三重の安全対策としてCO2レギュレータから本体ユニットまでに中間レギュレータを設置していたり







バルブスプリングやハンマースプリングは高圧には対応出来ません&ガス漏れします仕様に調整しています



100作くらい組み込んだ時はそこまで気にしてなかったジュール問題ですが全国に数多くのマニアックな方達やこんな一部分でしか使い物にならないアホみたいな静かすぎるチートアイテムを気に入って頂ける方々のご迷惑にならない様に200作あたりからは色々と安全対策完全義務化してます



先日たぶんデッドストックだろーなーってほぼ新品に近い奇跡的な個体が手に入ったのでちょっと興味本意でコクサイガスセミ16どノーマルをそのままフロンガスのリキッドチャージで初速測ってみたら



、、、、まぁ不安定がウリなフロンガスのリキッドチャージなんでその時の気温に左右されますが1発アウトな数字が出て、、、


(´;ω;`)ホントこれ現代ではそのままだと使い物にならんなと痛感しました

レギュレータもしくはリリースバルブ必須な機能ですね(まぁもちろんバレル長や使用圧や気体の種類によるけど)



何気にコクサイガスセミ手に入れるとまずは全バラして研磨するのでここ数年ノーマル状態って実は撃った事がなかったので色々と新鮮でした


はい、そのままだと現代ではゴミに近いですねコクサイガスセミ、、、


カスタムする際はちゃんとレギュレータ設置とか高圧対応出来ないように各部のスプリングカットとかその他加工していて良かったと思います。






あ、、、、そんなガスセミですがとりあえず現代仕様にしたもの持って関東方面でサバゲ楽しむ予定でしたが








あいにくのお天気で中止、、、、様子見ながら遠出したいと思います











今回は東京に遊び行ったのですが友人のガスセミM4も元気そうでなりよりです


このシリンダヘッドにそのままコクサイガスセミユニットを噛ませるタイプは合わせとか面倒でレア加工の組み込み方だったりして久々目にして嬉しかったですん






とりあえず台風のお陰で関東遠征お預けなったのでまた天気良い時リベンジしたいと思います







追伸


関東方面ならココおすすめだよっ!!!なんてサバゲーフィールド有りましたら教えて下さい


  


Posted by 和尚 at 02:40Comments(2)

2018年09月22日

さよならガスセミお帰りガスセミ





何気に某オークションに出していたコクサイガスセミファマス





先日ガスセミの外部ソース仕様の653でもいーしCO2レギュレータ、ボンベストックインの655が完全したばかりなのでこのユニットをM4に入れて渡そうとしたけどトリガーは電動ガンのモノ流用が良いと、、、贅沢な加工依頼







落札されなければ友人に譲る予定でしたが他の方に渡る事となり友人にはM4のガスセミを組み込む流れに、、、また新たに組み込むとなるとちょっと面倒くさい、、、








組み込んだモノを譲るのは何ともないけど一から加工するとなると面倒なのモンなんだすコクサイガスセミ組み込みみみみみみ










因みに電動ガンのトリガーを流用した場合はこんな感じで








元々はG3やMP5のトリガー位置の調整の為にたまたまた組んでごく稀にM4や最近は自分のキャロット製89式のガスセミに組んだばかりでメリットとしては電動ガンのセーフティが無加工で良いのとトリガー位置が変わらない事



しかしデメリットとしては


【強度が実際のとのワカンナイ】


コクサイガスセミユニット自体は30年以上前の物で今でも破損なく永く遊べる驚異的な機構ですが電動ガンのトリガー根元部分ってどんくらい摩擦に強いのか謎、、、


一応自分が使ってるガスセミMP5も電動ガントリガー流用タイプで数万発は撃ってますが今のところ何の不具合や問題ないのでまぁ、、、大丈夫かなと














とりあえずガスセミ653







今回は外部ソース仕様で軽くて取り回し最高の653バージョンと

今となっては当たり前となった


銃からシッポみたいにホース出てるの昭和みたいでダサくない???なんて場合のストックインCO2レギュレータ、ボンベ仕様。



それと今回は真ん中の

外部ソースは危ないから、CO2は危ないから禁止!フロンガス使用のみオーケー!!!

なんて気温だけで圧力が大幅に変化するのにそんな事も分かってから知らずに言ってるのか知恵遅れなフィールドでも使える仕様のストック内にガスタンクを入れたフロンガスリキッドチャージ仕様



、、、、とはいえガスガンのくせにボンベ1本で500発以上発射可能(現状、市場に500以上撃てるガスガンて皆無ですね)やボルトアクションばりの弾道と電動ガンばりの連射しても安定した初速がウリのガスセミ組み込みにフロンガスリキッドチャージ仕様は微妙だったりもします



来月あたりサバゲに使って某オークションに出す予定ですが欲しい方居ましたら譲りますんでお声をお掛け下さい、たぶん

古き良き物が好きな方や電動ガンに飽きた方、他とカブりたくないアイテム好きな方ならなにこれオモシロイ!って楽しめると思います  


Posted by 和尚 at 17:02Comments(3)

2018年09月20日

コクサイガスセミM653と655



何気に完成してしまったコクサイガスセミユニット組み込みの653でもいいし655





もともと自分が使ってたキャロットの89式に組み込んでたヤツなのでバルブピンは最終後期型クライムバスターのメッキタイプ仕様のバルブピン


トリガーストロークの溝も最近はノズル完全停止後にガス放出とノズル前進、停止と同時にガス放出とコンマ数ミリのめんどーくさい作業ですが2通り入れてます







さすがに200作以上コクサイガスセミを電動ガンに組み込んで後期タイプのバルブピンや初期、中期、社外のブラックバルブピンや一体型のアングス製バルブピンとか何かしら色々、、、、ホント色々と組み込んで見えてきたバランスがあったりします、、、



なんとゆーかこの辺は文面というかブログ程度では説明できません、自分が説明下手なだけですが10〜20作のガスセミ組み込んだ程度ではトリガーの軽さや短さ、ガス放出量や放出時間みたいなのはバルブやスプリングやハンマーの重さや摩擦係数で全然違ってくるのでなんと言ったらよいのか



オモチャって奥が深いです(TT)






とりあえず久々にメッキタイプのバルブピンで組み込んで思ってのがホント調整がシビアすぎる、、、


初期や社外のバルブピンに比べて先端が丸型なのと何気に外径が太くて初期型と同じスプリングテンションだとガス漏れしたりトリガー重たくなったりシアーの掛かりが悪かったりします後期型、、、、


久々の神バランスで組み込みが出来て3.5気圧で0.2gで90ほど、0.28だと80程と気持ちの良いガス特有の流速仕様にでき、トリガーは2歳児でも引ける軽さと短さ



先日、某バギランのサバゲでテストとして使いましたが発射音とか全く気にせず撃てて申し訳ない程に楽しめました

発射音が聞こえないから初弾外してもパスパス撃てるんですよねガスセミ、、、、



自分みたいにサバゲが下手くそな者にはチートアイテムとして重宝しています

あまり連続して使うとブーイング出るのでフルで活躍する事はないんですが月末の関東遠征サバゲにはできる限りフル活用してみたいと思います


また細かい加工が進んだらアップしてきますん  


Posted by 和尚 at 20:08Comments(0)