2018年11月09日

ガスブローバックの季節到来




ガスブローバックの季節ですね



ってまぁ普通???なのか使い物にならないフロンガスのリキッドチャージだと微妙だったりしますがエアソフトガンの世界には外部ソースという便利な代物がありまして















気温で圧力が不安定になるフロンガスのリキッドチャージでマガジン内に液状ガスを注入するタイプではなくレギュレーターを通して安定した気化したガスを使ったアイテムがあります

一昔前というか石器時代あたりはエアタンクなんて背中にリュックサックなんかで背負うくらいの大きな物でしたが今の時代はCO2なんて手のひらサイズの小型で便利な物があります









サイズの感覚としてはMP5のストックに収まるくりいのは大きさ




フロンガスのリキッドチャージだとどんなに頑張っても連続100発も撃たない程度ですが外部ソースだとボンベサイズによりますが最低でも軽く400発以上はバカスカ撃てます

燃費の良い固定ハンドガンとかなら74gグリーンガスで1000発以上撃てたりしますよね




たまーにこの季節はガスガンが使えない、、、


とか


フィールドで外部ソース禁止だからガスブローバックが楽しめない、、、



なんてカワイソウなお話を聞いたりしますが基本的に外部ソースが使えないフィールドって残念なのしか居ないから楽しみの幅は狭まります


よく聞くのが

【外部ソースは圧力を上げたらいくらでもパワー変わるから】


なんてのが多いんですが、多分そーゆー事言ってる方って頭のネジが緩んでるか抜けてるので見かけたら逃げて下さい

電動ガンもエアガンもスプリングのレート変えれば簡単にパワーなんて変わります


トレポンなんて数秒でシリンダー、スプリング、ノズル一式交換出来ますもんし、、、、、無知って怖いです、逃げてください


ここ最近ガスブローバックが微妙な季節になりました的な会話があったのでふとそんな事書いてみました







とりあえず、、、久々にM &Pのドラムマガジン制作依頼が入ったのでボチボチ作ってこうかと


作りながら画像撮る暇あったらアップしてきます





そんな事より



コクサイガスセミ組み込みMP5






東京の友人にもメール送ったんですが最初からこーすりゃラクだったなと







ちょっとコスパは悪いんですが見た目はキレイに加工出来そうです




一応こんな加工しなくてもCO2レギュレータやボンベ収まる加工はあと何パターンかあるんですがCO2レギュレータの種類が限られたりアダプターとかその他のコスパ考えるとあまり変わらないんですよねー(*_*)こっちも並行して気が向いたら追記してきます



そして何故かここ最近、他の方が組み込んだガスセミのリメイク?みたいな依頼を数件程受けまして微妙な気分だったりします


基本的に他の方が組み込んだカスタム品はワケがわからないので断ってますがコクサイガスセミ組み込みならまぁある程度は直せるかなーと受けましたがトリガーくそ重かったりストローク長かったり弾道や初速不安定過ぎたりと
、、、、何とゆーか色々な意味でリメイクしながら初心に戻れて良かったです



基本的にガスガンはフロンガスだと使い物にならないとゆーのが定義なので(※これは表現難しいんですがある程度は使えるけど電動ガンと並ぶ安定さに並ばせるが難しいという感じ)ガスガンをメインで安定させて性能重視で使うなら外部ソースは必須条件になると思います



とはいえフロンガスリキッドチャージのメリットはやっぱり手軽やホースレス、軽量とかちゃんとメリットあるんですが、、、、



なんかまぁ上手く表現出来ないんでその辺またお互いのメリットとデメリットを暇な時に連続発射後の初速や気温変化による初速、フロンガスによるパッキンの劣化とか思い出したら書いてきます










そうそう、そしてたまには電動ガンも弄ろうと秒間50オーバーを目指してなんちゃってハイサイばら撒き銃も作ってます


ええはい、、、、電動ガン3つくっつけただけですけど


だだまぁこんなのがメンテもラクで何か色々便利かなととりあえず作ってます




何かしら進んだらまた書いてきます





上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。