2019年01月12日

マルイソーコムドラムマガジン








完成してましたソーコムドラムマガジン



銃に付けると












こんな感じ




45口径なのにマガジンが9ミリとかそーゆーのオモチャには気にしません


以前デザートイーグルのドラムマガジンを作った時は若干、いや、結構違和感ありましたが良いんです撃てれば。





作業工程としてはマルイの電動MP5用のドラムマガジンとソーコムのドラムマガジンくっ付ける単純作業なんですが単純が故に面倒くさいのです







まずソーコムマガジンにパイプを通してドラムマガジンを仮止め、中留めした後テキトーにボルトとか骨組みとしてマガジンパンパーに打ち付けてパテをふんだんに使って盛ってきます








んで勿体無いけどはみ出た分とかは豪快に削って形を作ります


これギリギリの量で先にパテである程度の形を作っていた方が良い気もしますが数百個作ってる内に気づいたのは1発で多めに盛って後からガッツリ削った方がキレイに出来るし強度もある感じです


ここからが結構面倒くさくて後は磨いて塗装して磨いて塗装しての繰り返し、、、、


もーこんぐらいでいーやってやめ時が大切です







繋ぎ目とか全く分からなくなるまで仕上や塗装をやろーと思えばいくらでも出来ますが観賞用ではないしサバゲで使って傷だらけになるならまぁ、、、、この程度いいかなと






外部ソース仕様のハンドガンもこの時期なかなか良いモンです




もちろん冬場ならではのリキッドチャージお手軽アイテム










自分はガスガンは外部ソース派なのと高圧を必要としないのでサバゲで使う事はありませんが冬場、外部ソースが使えないフィールドでは重宝されている様ですがいつでも誰でもポチっと押せば買えるお買い物は便利な世の中ですね





CO2グリーンガス レギュレータの圧力上限が5気圧程度に対して高圧フロンリキッドチャージだと16気圧相当とマルイのソーコムみたいなマガジン構造だとガス漏れ起きそうでちょっと使うの気が引けます、あとマルイのガスブローバックのシリンダーってあんまり高圧かけると割れたりするので0〜20度くらいで4〜5気圧のフロンガスって無いもんなのか、、、、、(そんな都合良いモンないだろうけど)











ドラムマガジンも完成したので放置してたフルメタルMP5のガスセミの最終調整でもして週末はサバゲに使ってみようと思います







今回は珍しくストックにレギュレータやボンベを入れるタイプではなく完全な外部ソース仕様の予定、そして静音ではなく爆音仕様とあえてデメリットの塊で楽しんでみようと思います








Posted by 和尚 at 00:19│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。